夫婦ふたり旅研究中

普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

旅行情報

東京ドイツ村 9月は緑のコキアを堪能 ランチのサイズに驚き

2017/04/18

アクアラインを使って千葉へ行ったら何をしよう?そうだ東京ドイツ村へ行こう!って、ここ千葉じゃん…そんなツッコミはもうやめて(大人なんだから)、とりあえずレポートします。

東京ドイツ村

のどかな東京ドイツ村

スポンサーリンク


マイカーで入場できるテーマパーク

まず、ナビに従って順調に園の前までたどり着いたものの、駐車場が見当たりません。

オロオロしながら車のままゲート近くまで行くと、ついついそのまま受付のお姉さんの横に。「大人のかた2名ですね?」と言われ、ゲートの形状から、マイカーのまま入園するものだと気付く。

自分達の前を走る車がいれば判りやすかったけど、この日は平日で、前後に車がなくて気付きませんでしたー!

「えっ、車のままでいいの?駐車場は?」と驚いて聞くと、「園内のあちこちに駐車スペースがあるので、目的の場所まで行って、好きな所に止めて下さい」ですと!へぇ~車のまま移動出来るのはイイですね。

赤ちゃん連れとか、足の不自由な方と一緒に楽しむのによさそう。

大人ひとり1200円を払いパンフレットを受け取って入園。季節は9月。パンフレットによると、本来ならお花畑のイメージらしいですが、この時期楽しめたのは、ブルーサルビアとコキアだけでした。冬ならイルミネーションが評判らしいです。

レストランのオーダーは少なめがイイ理由

最初に行ったのは、ドイツ村のシンボルでもあるマルクトプラッツという建物。ドイツ語で中心部の広場という意味です。レストランやお土産屋さんが入っています。

マルクトプラッツ

マルクトプラッツはドイツ語で中央広場

早速レストランで昼食をとることにしました。バーベキューもありますが、私達はカフェレストランで軽く済ませることに。

せっかくなので、ドイツっぽいメニューをチョイスしました。ドイツ村サラダ1080円、ソーセージ盛り合わせ1290円、アイスバイン1620円。それぞれひとつずつ頼んで、二人でシェアします。

値段が高いのは観光地だからと思っていたら、一皿が巨大でした!これがドイツ人サイズか…!!

ドイツ村サラダ

ドイツ村サラダ

ちなみにアイスバインとは、塩漬けの豚すね肉を煮込んだ、ドイツの家庭料理だそうです。塩漬けと言う割には薄味で、私達には丁度良かったです。これは一皿4人くらいでシェアしたほうが良いですね。

アイスバイン

ドイツの家庭料理アイスバイン

スポンサーリンク


地元の人々に愛されるテーマパークだった

さて異常に満腹になったあとは、ブルーサルビアでも見るかと車を走らせていると、左手に「こども動物園」が。

触れあえるみたいなので、途中下車して寄って行く事にしました。たくさんの幼稚園児達が遠足に来ていたけど、ちょうど帰りはじめているところでした。

まず最初に見たのはマーラという珍しい動物、ネズミ科らしいですが、大型犬がお座りしているくらいのサイズです。小型のカンガルーに見えます。隠れちゃって写真が撮れませんでした。

ヤギさんと一緒

ヤギさんと一緒

次に羊、ヤギと見ているうちに、豚さんが飼育員さんとお散歩にきました。ちっちゃいシッポをフリフリして嬉しそう。リスとポニーを見て満足してその場を去りました。小さい子供ならこれで十分ですね。

次はようやくブルーサルビア畑に行ってパチリ。いい天気になりました。

ブルーサルビア

ブルーサルビア

コキアの丘も良かったです。まだ紅葉していなかったけど、モコモコしていてかわイイ。

コキアの丘

コキアの丘

途中、壮大なパターゴルフ場の横を通ったり、ドッグランがあったり、それなりに賑わっていました。平日だからかも知れませんが、袖ヶ浦ナンバーの車ばかりです。観光客より地元の人に愛されている施設だなと感じました。

行くなら天気の良い日をオススメします~。(雨が降ってるとやることないよー)

こちらの記事もどうぞ!
びわ狩りを千葉で楽しめる時期は5~6月

スポンサーリンク

-旅行情報