普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

客船招致が熱い!クルーズ船寄港による経済効果は?

 
  2019/01/11
 
飛鳥Ⅱとわたし
この記事を書いている人 - WRITER -
一般会社員だけど豪華客船に乗りまくりたい節約好きな普通の50代主婦。夫婦ふたり揃って旅行好きで、好きな時に好きなところへ好きなだけ行ける老後を夢みて、今日もおしごと頑張っています!

私が初めて豪華客船を生で見たのは、乗客としてではなく見物客としてでした。飛鳥Ⅱが地元の港に入港していると知って、わざわざ見に出かけたのです。



豪華客船に乗らずに眺めてみよう

地元県内の港に、豪華客船が観光目的でよく寄港します。もうすぐ、アメリカの9万トン級プレミアム客船セレブリティ・ミレニアムが入港するので、港主催の無料見学会に申し込んだところです。その前はダイヤモンド・プリンセスやにっぽん丸の見学会が催されました。残念ながら私は行けませんでしたが。

ちょうど観光資源に恵まれたという事もありますが、港側の誘致努力がすごいんです!港周辺の景観を改善したり、歓迎イベントを大々的に実施したり。大型客船が寄ってくれると、そんなにイイ事あるんでしょうか?って事で、調べてみました。

豪華客船を誘致する訳

イイ事とは、具体的には経済効果というのはなんとなく想像出来ます。でも豪華客船の乗客は基本的に食事も寝泊まりも船内じゃないですか。そんなにお金使う場面ありますかね?

まず観光バス。飛鳥Ⅱを見物に行った時、確かに地元の観光バスがズラーっと10台以上並んでいました。それぞれに運転手さんとバスガイドさん。昼食は船内でも食べられるけど、せっかく来たからと地元の名物を食べますよね。お土産屋さんに寄れば何か買うのかな?私ならここのお土産は買わないですけどね(地元だから当たり前か)。

この日は飛鳥Ⅱの他に、学生さんの実習船である帆船日本丸も停まっていて、見物客がたくさんいました。港には出店が並んでいて、地元テレビの取材も来ていました。私達も出店をのぞき、近くの商業施設で食事とショッピングをして帰りました。

日本丸と飛鳥Ⅱ

まだ帆を張る前の日本丸の後ろに飛鳥Ⅱ

あれ?私、結構お金使ってますね。なんと、飛鳥Ⅱの乗客だけでなく見物客からの経済効果もあったのですね。私達は日帰り出来るけど、もしかしたら泊まりがけで見物に来ている人もいるかも知れません。また、大型客船を目当てに遊覧船が増便したりするんですって!確かにそれイイですね。私も(遊覧船でいいから)乗りたいです。

また、単純に入港料や港湾サービス料なども発生するそうです。

スポンサーリンク


寄港1回あたりに見込まれる経済効果はナント!

国土交通省の平成27年の資料によると、清水港の場合、平成26年度は13隻が寄港し約8.3億円、クルーズ船寄港1回あたりに換算すると約6400万円の経済波及効果があったと書かれています。清水港客船誘致委員会のホームページを見ますと、平成28年度については19隻が寄港する予定となっています。単純計算で12億越えじゃないですか!そりゃ頑張りますよね。

地元の港には、今後も誘致活動を頑張ってもらいたいので、私ももっと見物に行きまーす。あなたもお近くの港の入港予定を調べて、見物に行ってみてはいかがでしょうか。船内見学会&説明会の一覧はこちら

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
一般会社員だけど豪華客船に乗りまくりたい節約好きな普通の50代主婦。夫婦ふたり揃って旅行好きで、好きな時に好きなところへ好きなだけ行ける老後を夢みて、今日もおしごと頑張っています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 夫婦ふたり旅研究中 , 2016 All Rights Reserved.