夫婦ふたり旅研究中

普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

ぱしびい乗船記

乗船記②初めての豪華客船!クルーズ出発前の準備や持ち物

2017/06/06

旅行は準備期間からワクワクします。準備不足で後悔しないためには、どれくらい前にどのような情報が届いて、何をしたらよいのでしょうか。

2016年5月4日(水・祝)~5月8日(日)、「ぱしふぃっくびいなす」の小笠原クルーズで、私達夫婦は豪華客船と呼ばれているものに人生で初めて乗りました!これから乗船したいと思っている方のために、詳しくレポートします。

よろしければ前の記事もご覧ください→ 乗船記①初めての豪華客船に「ぱしふぃっくびいなす」を選んだ理由
ぱしふぃっくびいなす乗船記2016年5月小笠原まとめ もどうぞ!

スポンサーリンク


約1か月「乗船のご案内」が届く

ツアーの予定日が近づき、約1か月前にJTBからツアーの案内一式が届きました。

ぱしびい旅のしおり

旅行前に届くクルーズスケジュールなど

「乗船のご案内」という旅のしおり的なもの。旅の準備として、荷物のチェックリスト、船内の服装、乗船手続き、船内新聞、食事や飲み物…これから始まるクルージングの旅を現実的に想像できるような内容となっています。

「日程表」クルーズスケジュール。港へのアクセス、船内生活、イベントやショー、現地ツアー(有料)…出航当日は16:20までに客船ターミナルへ行かなくてはならないとか、4月20日までに現地ツアーを申し込まなければならないなど、注意深く読む必要がある内容です。

混雑時は夕食が17:30~と19:30~の2回制になるため、どちらの回が良いという希望がある場合は4月13日までに連絡する必要があります。

ちなみにショーも2回制なので、食事をしていて見損ねたとはならないように配慮されていますから、安心してください。

現地ツアー予約

小笠原では原則自由行動ですが、寄港しているのは8:00~17:00のわずか9時間しかありません。効率よく島観光ができるように、現地ツアーが用意されていました。

人数が限られているので先着順の受け受付となり、出港前は1日に1ツアーしか申し込めず、空きがあるツアーは出港後に1日2ツアーまで申し込むことが出来ます。また、今回は午前と午後の2回開催でしたが、午前・午後の指定は出来ませんでした。

2016年5月小笠原現地ツアーの内容

①南島海域公園ボート遊覧 [120名] \5,800
②小笠原固有植物観察 [100名] \8,200
③二見湾周遊ボート観光 [100名] \5,000
④ウェザーステーション展望台と宮之浜バス観光 [125名] \4,000
⑤人と自然の共生を学ぶツアー [24名] \8,200
⑥カヤック体験 [24名] \7,000
⑦戦跡トレッキング [16名] \8,200

どれも興味深かったですが、私たちは⑤人と自然の共生を学ぶツアーを申し込みました。島の電気とか生活に興味があったのです。

約1週間前「乗船券」が届く

出港予定日の1週間前には、最も大事な「乗船券」が届きました。これと引き換えにカードルームキーを受け取って乗船することが出来るもので、1人1枚あります。

この時にはすでに客室番号が決定していて、ようやくこの客室宛に旅行中の荷物が送れるようになります。平日は帰宅が遅い私たちは、ずいぶん前から荷造りをしていて、この客室番号が来るのをまだかまだかと待っていました。

また、迷子にならないように、自分たちの客室が船のどのあたりなのか位置確認できて、安心しました。

荷物の発送

1か月前に届いた案内一式のなかに、クロネコヤマトの配送票(往復分)が入っていて、これを使ってぱしふぃっくびいなすの自分の客室宛に荷物を送ることが出来ます(ワンナイトクルーズの場合は宅配できません)。

でも、出港の5日前までに発送しないと着荷が確約できないとかで、日常的に使うものは送れません。私たちは4泊5日なので、大きいスーツケースと小さいスーツケースを1つずつを配送しましたが、2拍3日程度ならすべて手荷物のほが良いと思います。

スポンサーリンク


私たちは配送票が往復分になっている事に気付かず、行きのみ宅配にしたつもりで、なんでこんなに送料が高いのかなーと思ってました。

そして下船前日になって、これ往復配送だった!と気付いたのですが、結果的に往復配送にしてよかったです。というのは「手ぶらで帰る」という贅沢さを非日常の旅行の最終章のように味わえたし、朝下船してまっすぐ帰らずに東京観光をして帰れたからです。

下船の朝までに送る荷物を部屋の前に出しておくので、ほとんどのお客さんがスーツケースを送っているのがわかりました。

ちなみに、日本船の場合は乗船日に部屋の前に荷物が届けられ、下船日は部屋の前から荷物を引き取って宅配業者へ引き渡してくれるので、スーツケースである必要はなく、段ボール箱でもいいのです。

外国船の場合は、荷物を港まで運んではくれるものの、検査に通した後で宅配業者に渡すそうです。したがって、段ボールがガムテープで閉じられた状態のものは、ちょっと恥ずかしいですねっ。

4泊5日国内クルーズ荷物チェックリスト

「乗船のご案内」に掲載されているものをベースに、私の意見も織り交ぜて、荷物チェックリストを作成してみました。

ドレスコードはカジュアルでしたが、ちょっとおしゃれしたいので、インフォーマルな衣装を持っていきました。インフォーマルな衣装とは、リゾートな感じのお気に入りのワンピースのことです。

実際に船に乗ってみると、タキシードや和服でおしゃれを楽しんでいる方もいて、ドレスコードに関わらず、おしゃれを楽しむのに遠慮は必要ないという雰囲気でした。

女性はポケットがないことが多いので、カードキーとハンカチを入れる小さなハンドバックがあると便利です。

スポンサーリンク

持ち物チェックリスト

□ 乗船券
□ 日程表
□ 乗船のご案内の冊子
□ 現金・クレジットカード
□ 携帯・スマホ
□ 腕時計
□ 旅行保険証
□ 宅配便送り状控え
□ ジャケットと靴(男性)
□ ワンピースと靴とアクセサリー(女性)
□ 現地の気温に合わせた服と歩きやすい靴
□ リュックサック
□ 船内で着るもの
□ 下着・靴下・ストッキング
□ ハンカチ
□ パジャマ
□ 上着(冷房・甲板の強風対策)
□ 水着・スポーツウェア・トレーニングシューズ(ジムあり)
□ ベルト
□ 帽子
□ 日傘
□ サングラス
□ カメラ・ビデオ
□ カメラやスマホの充電器
□ 筆記具
□ 化粧品・洗顔道具
□ ヘアスプレー
□ ハンドクリーム
□ 日焼け止め
□ 常備薬(酔止めは船内で無料でもらえます)
□ サプリメント
□ 眼鏡
□ 目薬
□ コンタクト
□ 小笠原のガイドブック
□ ウェットティッシュ
□ ヘアゴム
□ 耳栓

スポンサーリンク


客室(ステートルーム)設備と備品・アメニティ

Gステートルームの備品とアメニティも書いておきますね。

▼設備:ツインベッド、クローゼット、ドレッサー、ソファーセット、シャワー、ウォシュレット型トイレ、20V型液晶テレビ、冷蔵庫、金庫、湯沸しポット
▼備品:バスタオル、ボディタオル、フェイスタオル、靴べら、靴磨き、洋服ブラシ、ヘアドライヤー、ティッシュペーパー
▼アメニティ:歯ブラシ、石鹸、シャンプー、コンディショナー、シャワーキャップ、T字カミソリ、ヘアブラシ、ボディソープ、綿棒、コットン、スリッパ

乗船記③アクセスと出港まで の記事へつづく
ぱしふぃっくびいなす乗船記2016年5月小笠原まとめ もどうぞ!

スポンサーリンク

-ぱしびい乗船記