夫婦ふたり旅研究中

普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

豪華客船Q&A

クルーズ船はどうしてフィリピン人クルーが多いの?豪華客船Q&A

2017/04/08

ブーゲンビリア

南国イメージのブーゲンビリア

ぱしふぃっくびいなすに乗る前に予習をしていた時、クルーはほとんどフィリピン人だから、タガログ語の挨拶を覚えていくと仲良くなれる、という情報がありました。実際に乗ってみると、確かに私達にサービスを提供してくれるのは、ほとんどフィリピン人。クルーズ船のクルーはどうしてフィリピン人が多いのでしょうか?

スポンサーリンク


フィリピン・ホスピタリティは引っ張りだこ

実は、船員に限らず、フィリピン人は労働力として世界中から大人気なのだそうです。

というのも、フィリピン人は英語が話せる上に、陽気で気さくで面倒見が良く、人と接する仕事に向いているからです。フィリピン・ホスピタリティと呼ばれ、賃金が安い事もあって、先進国の企業には欠かせない存在になっています。

また、フィリピンはまだまだ人口増加の時期にあり平均年齢が若いので、可能性を求めて外国へ向かう人が多いのでしょう。外貨獲得や雇用創出の面から、フィリピン政府の後押しもあるそうです。

船乗りの国フィリピン

フィリピンはたくさんの島が集まった国で、生活していくのに船はとても重要です。以前から国内には、船員になるための学校や船員派遣会社が数多く存在していて、若者が船員を目指すのは、自然な事のようです。

フィリピン

フィリピン

また、船員は女性にとって結婚相手に良いとされる職業だそうです。フィリピンでは船員は比較的安定した職業で、日本でいう会社員のような感覚なのでしょうか。

スポンサーリンク


フィリピン人クルーの獲得競争

フィリピン人船員ももちろん世界中から大変人気があり、人材の獲得競争まであると言う話です。

飛鳥2を所有する日本郵船では、現地企業との合弁で、1989年に船員養成のための専門会社を、2007年に商船大学をマニラ近郊に設立し、更に優秀なフィリピン人クルーの獲得に力を入れています。

商船大学は、独自の奨学金制度を整え、大学に通う事が困難な学生に対しても、大学進学の道を開きました。これは国際協力の側面がもありますが、船員の「青田買い」でもあります。

そのほか、優秀な船員をつなぎとめたい商船会社の中には、家族を招いて謝恩会をしたり、船員の家族に航海中の同乗を認めるところもあるそうです。

それくらい、フィリピン人クルーの獲得が、商船会社にとって重要なのです。

こんなにも世界中から求められ、そしてそれに応えているにもかかわらず、フィリピンの人口が今も増え続けているのは、どんなに外国で活躍しても、心は母国にあり、必ず愛する家族の元へ帰るからなのでしょうね。

スポンサーリンク

-豪華客船Q&A