夫婦ふたり旅研究中

普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

クルーズあれこれ

クルーズリピーターになる理由 何度でも乗りたい豪華客船

クルーズ番組を見ていると、時々乗客にインタビューしているシーンが出てきます。インタビューに答えるような人は、たいてい乗りなれた常連客で、「この船は○回目の乗船です」と話しています。

中には、クルーズ以外の旅行はもう考えられないという人も・・・何がそんなに魅力的なのでしょうか。

ハープを奏でる少女の像

飛鳥Ⅱ見学にてハープを奏でる少女の像が「今度は乗客として戻ってきて」と言う幻聴がきこえる

スポンサーリンク


とにかくラクだから

クルーズをよく利用する理由は、「ラクだから」という声をよく聞きます。それは、通常の旅行ではホテルが変わる度に荷物をパッキングをして、車や電車や飛行機に乗せて移動しなければならないけれど、クルーズならその手間が無い事を指して言っています。

あるいは、海外へ寄港する場合は、入出国手続きは船側がまとめてやってくれるので、飛行機に比べるとすごくラクです。

移動時間そのものが楽しいので、飛行機や電車で暇をつぶすような過ごし方をしなくてすみます。疲れたらいつでもベッドに入れます。

人工透析が必要で旅行を諦めている人を集めて、透析の医療機器を積んで航行する「透析クルーズ」なるものも存在するんですよ。

体力に自信がない人が不安なく旅行に行けるのが、クルーズのいいところなんですね。

飛鳥Ⅱの客室

豪華客船は動くホテル、飛鳥Ⅱの客室

3世代が楽しめる食事とイベント

年配者に人気の理由はご理解頂けたかと思いますが、クルーズ会社は年配者がお孫さんと乗って楽しんでもらえるように、いろいろと工夫を凝らしています。

お子様メニューやキッズルームやプールはもちろん、お子様向けイベントがたくさんあります。

私がぱしふぃっくびいなすに乗ったときは、マジックショーで日に日にちびっこファンが増えていくのを見ました。みんなで歌う時間や、こども船長なるコスプレイベントもありました。とにかく飽きません。

にっぽん丸デザート

にっぽん丸のハロウィンデザート

スポンサーリンク


私にとっての魅力は非日常空間

さて、体力的にはまだ大丈夫なアラフィフの私達は、ラクチンに越したことはないけど、荷物を担いであちこち移動するのを、どうしても避けたいわけではありません。

最小限の荷物で行くバックパッカー的な旅の楽しさも知っています。

クルーズ船の最大の魅力は、非日常的な空間、食事、服装にあると思っています。

普段は地味な服装で仕事をし、お手製の地味なお弁当を食べ、失敗してペコペコ謝ったり、通勤電車の席取りに疲れたり、スーパーの駐車場の空きを探し回ったり、自分の並んだレジだけが進まなかったり、仕事から帰って30分で慌てて食事を作ったりしているわけです。

しかしひとたび豪華客船に乗れば、きらびやかな船内の装飾に囲まれて、座ればコーヒーを出してもらい、普段は着る機会がないような服でオシャレをして、いつもは見ないようなエンターテイメントショーを見て、お財布と相談なしにコース料理を楽しんで、慣れない社交ダンスに挑戦して、バーでカクテルを一杯飲んで遅くなっても、たった5分で部屋に戻れるのです。

船の中にいる間は、普段の生活と完全に切り離されているのが、私にとっては心地良いのです。通常の旅行よりも、クルーズは日頃の喧騒を忘れさせてくれます。

プロムナード

ぱしふぃっくびいなすプロムナードにてセレブ気分

-クルーズあれこれ