夫婦ふたり旅研究中

普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

老後の海外移住

老後の海外移住|マレーシア、タイ、ハワイを比較!ビザ編

2017/04/18

海外移住先にはクアラルンプール

リタイアした後、どのように生活するのかということは楽しみでもあり、不安でもありますよね。最近は、老後海外に移住する方も増え、選択肢がさらに広がっています。

日本は四季があり、それはそれで素晴らしいのですが、ジメジメとした梅雨や、厳しい冬の時期は暖かい国で暮らせたら…と思ってしまいます。

そんな暖かい国の中でも、移住先として日本人に人気の場所トップ3である「マレーシア」、「タイ」、「ハワイ」をいろいろな面から比較してみたいと思います。

まず、移住にあたり一番大切なものがビザです。いずれの場所もビザがなければ長期滞在はできません。ビザを取得するための基準は地域によって異なります。では、どこが一番ビザをとりやすいのでしょうか?

ということで、今回はマレーシア、タイ、ハワイの比較第一弾として、3つの場所のビザの取りやすさについて比べてみます!

こちらの記事もどうぞ!
老後の海外移住|マレーシア、タイ、ハワイを比較!まとめ

カオマンガイ
この記事は、わたくし カオマンガイが書きました。

管理人晴子
カオマンガイさんは、海外旅行が大好きな女性で、韓国、中国、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、アメリカ、イギリス、オランダ、イタリア、ベルギーへ行ったことがあるんですって。現在はタイにお住まいなんですよ。

スポンサーリンク


マレーシアは財産でビザ取得

マレーシアは比較的リタイアメントビザの取りやすい国だと思います。

ビザを取得するには、財産証明年金証明が必要です。そしてその後、承認がおりたら、マレーシアの銀行に預金しなければなりません。しかし、それさえすればロングステイのビザをとることができます。

しかも、マレーシアの「MM2H(マレーシア・マイセカンド・ホーム)ビザ」と呼ばれる最長10年のロングステイビザには、年齢要件がありません。これは魅力的ですよね。早期リタイアをして、マレーシアに移住することもできます。もちろん、この場合は年金の証明がないので、別の証明が必要になります。

ちなみに、財産証明は50万リギット(約1260万円)必要です。預金だけではなく、株券や不動産でも大丈夫です。現地の銀行に預金するのは15万リギット(約380万円)です。

年金をまだもらっていない場合は、毎月1万(約25万円)リギット、収入があるという証明が必要です。不動産がある方は難しくないかもしれませんが、そうでなければマレーシアに移住しながら日本でこれだけの収入を得ることは難しいかもしれません。

ですので、年金を受給してからの移住のほうがハードルは低いと思います。
(※レートは2017年2月27日のものです。)

タイは50歳以上でビザ取得

タイでリタイアメントビザを取得するのは、マレーシアよりも簡単です。

80万バーツ(約260万円)以上タイの銀行に預金するだけでOKです!他にも、6万5千バーツ(約20万円)以上収入があるか、預金と収入を合わせて80万バーツあればいいので、ハードルはかなり低めです。

しかし、マレーシアと違うのは年齢要件があるということです。タイは50歳以上でなければこのビザを取得することができません。

50歳以上で、まだ年金を受給されていない方が取得できるビザは「ノンイミグラントO-A」、年金を受給されている方が取得できるビザは「ノンイミグラント-O」と言います。基本的には同じものですが、年金を受給しているか否かで名前が変わってきます。
(※レートは2017年2月27日のものです。)

老後の移住先は南国

南国の空

ハワイはビザなしで90日間滞在

実は、ハワイにはリタイアメントビザがありません。

そのため、ノービザでハワイと日本を行き来する方が多いようです。ハワイには90日間ノービザで滞在できるので、ずっとハワイにいるわけでなければ、わざわざビザをとる必要はなさそうですね。

どうしてもビザを取得したい方は、DV抽選永住権に応募させるのが良いと思います。この抽選は、1年に1回無料で開催されているもので、当選した人はグリーンカード(アメリカ永住権)を取得することができます。抽選なので必ず取得できるというわけではありませんが、他の方法で永住権を手に入れることはとてもハードルが高いので、応募される方は多いようです。

スポンサーリンク


老後の海外移住のビザまとめ

以上、3つの場所のビザの取りやすさについてご紹介しました。

その結果、ビザが取りやすいのは、タイ>マレーシア>ハワイという順になりました。そもそも、ハワイではリタイアメントビザがないので、3ヵ月ごとに日本と行き来する覚悟がなければ移住は厳しいかもしれません。

ハワイから3か月に一度帰国するくらいなら、タイとマレーシアとハワイを転々とするものいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

-老後の海外移住